社会

坂上忍の「人は学歴じゃない」中卒コンプレックスにネットの反応は?

坂上忍が中卒と知らなかった人も多かった

先日のフジテレビのバイキングの放送で、東大名誉教授の上野千鶴子氏の東京大学入学式の祝辞について、坂上忍が自分が中卒で学歴コンプレックスがあることを番組内で発言をしました。

「俺、中卒ですから…」という発言に、ネット民から、「好感度が上がった」とか坂上忍に同調する意見が相次ぎました。

坂上忍は、超がつくほどの売れっ子ですが、幼いころから芸能界の一線で活躍してきて、その延長戦で今も普通の人ではとうていかなわない年収を確保しているのですから、芸能界に学歴はいらないのかもしれません。

そういえば、プロ野球の世界でも、野村克也氏が、大学に行くくらいなら、少しでも早くプロの世界に飛び込めって言ってますよね?

実際に中日ドラゴンズにドラフト1位で指名を受けて入団した根尾君も、親が医者で、自分も頑張れば医者になれるほどの頭脳明晰だと言われていましたが、あっさりプロの世界に飛び込みました。

実際に学歴コンプレックスは、社会ではどうよ?

実際に東大名誉教授の上野千鶴子氏の東京大学入学式の祝辞の全文を見てわかるのですが、言われる通り、社会に出れば理不尽な差別はいっぱいあります。

性差別もそうですが、学歴による差別も当然あるでしょう。

女性に限って言えば、せっかく勉強して東大に入ったのに、東大生って言うと引かれるという悩みは尽きないそうです。

学歴コンプレックスは、学歴が低い人だけでなく、学歴が良すぎる人も抱えている悩みなんですね。

実際、年収別で見ても、年収500万円以上ある人との実に60%の人が学歴にコンプレックスがあるとの調査もあるようです。

いずれにせよ、学歴が良くても収入の低い人はいくらでもいる世の中ですから、学歴がす全てではないということだけは確かのようです。

以下、学歴コンプレックスを解決する方法は、今の時代簡単になってきています。

ほんの少しの時間と、予算があれば、だれでも大卒学歴は変える時代になってきたのかもしれないです。

ソフトバンクが経営しているサイバー大学が良い例ですね。
サイバー大学

-社会
-

Copyright© raorao , 2019 All Rights Reserved.