エンタメ

【大阪】新年恒例の「天神祭」が開催!見どころや楽しみ方を解説!

大阪の代表的な祭りである「天神祭」が、2024年も開催されます。天神祭は、毎年7月に開催される祭りですが、2023年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、2024年は4年ぶりの開催となります。

本記事では、天神祭の歴史や見どころ、楽しみ方などを解説します。天神祭に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

・ 歴史

天神祭は、大阪天満宮の祭礼です。天満宮は、学問の神様である菅原道真を祀る神社で、大阪でも有数のパワースポットとして知られています。

天神祭の起源は、鎌倉時代にさかのぼります。当時、天満宮の神輿が、大阪城下を巡行するようになったのが始まりとされています。

江戸時代には、天神祭は大阪で最も大きな祭りとして発展しました。江戸幕府の将軍や大名も、天神祭に参列するようになりました。

見どころ

天神祭の見どころは、以下の3つが挙げられます。

  • 船渡御

船渡御は、天神祭の最大の見どころです。毎年7月24日と25日に、大阪城から天満宮に向かって、神輿を乗せた御船が渡御します。

御船は、豪華に装飾された屋形船で、船頭や水夫たちが威勢のいい掛け声を上げながら、大阪の街を進んでいきます。

  • 天神祭奉納花火

天神祭奉納花火は、毎年7月25日に開催されます。桜之宮公園と川崎で、約1万発の花火が打ち上げられます。

花火は、さまざまな種類の花火が打ち上げられるので、見ごたえがあります。また、打ち上げられる花火は、天神祭の歴史や伝統をテーマにしたものも多く、見ているだけでも感動できます。

  • 天神祭お祭り広場

天神祭お祭り広場は、天神祭の期間中に、天満宮の境内に設置される屋台街です。

屋台には、大阪名物のたこ焼きや串カツ、お好み焼きなどのグルメから、お土産まで、さまざまなものが揃っています。

また、ステージでは、歌や踊りなどのイベントも開催されるので、お祭り気分を満喫できます。

楽しみ方

天神祭をより楽しむための、3つのポイントをご紹介します。

  • 早めに会場に到着する

船渡御や天神祭奉納花火は、多くの人で賑わいます。特に、船渡御は、多くの人が早めに会場に到着するので、早めに到着しておきましょう。

  • お祭り気分を満喫する

天神祭は、大阪の夏の風物詩です。お祭り気分を満喫するために、屋台グルメやステージイベントなど、さまざまな楽しみ方を見つけてみてください。

  • マナーを守る

天神祭は、多くの人が参加する祭りです。マナーを守って、みんなで楽しくお祭りをしましょう。

開催期間・アクセス情報

開催期間:

2024年7月24日(日)~25日(月)

アクセス:

大阪天満宮

〒530-0047 大阪府大阪市北区天神橋2-2-3

地下鉄谷町線「天満駅」から徒歩5分

まとめ

天神祭は、大阪を代表する祭りです。歴史や伝統を感じられる、見どころ満載の祭りです。ぜひ、天神祭に参加して、大阪の夏を満喫してください。

-エンタメ

Copyright© raorao , 2024 All Rights Reserved.